お膝を労わった生活の工夫!

 

皆様、こんにちは✨

京都の紅葉が見頃になってきましたね🍁🍂💛

今回のブログ担当をさせて頂きます看護師の田中です。私もさっそく秋を感じてきました↓😆

 

 

コロナも以前より落ち着き、🍖食欲の秋🍣 🍃紅葉の秋🍁 🏃‍♂️スポーツの秋🏒 と、言われる季節、お出かけする機会が増えたのではないでしょうか?

 

さて、今回はひざに負担のかかる動作についてお伝えしようと思います!

 

===================================================

 

Q. 皆さんは、歩くだけでどのくらいお膝に負担がかかっているかご存じですか?><

➡ A. 実は体重の3倍!!かかると言われています 😖😖

お膝は日常を送る中で必ずしも使わなければならない大事な関節です。

そこで大事なお膝を労わった生活が大切になってきます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q. 1日平均何歩歩いていますか??

➡ 5000歩以内を目安になるべく長く歩かないようにしましょう。

 

Q.自宅や職場での階段の往復数は1日で何往復ですか?

➡ なるべく少なくするように心がけましょう😣※※できるだけエレベーターやエスカレーターを使うように!

 

Q.お膝冷えていませんか??

➡ お膝が冷えてしまうと血流が滞ったり、筋肉が固くなってしまいます🥶

外出先でもひざ掛けやサポーター、カイロを利用して温めてあげる💯

ゆっくり湯船につかって、身体も心も、お膝も温めてあげる💯

 

Q.重い荷物持っていませんか?

➡ 重い荷物を持つ際には足腰で踏ん張ることになり、筋肉や関節に負担がかかります。

 お買い物に行かれる際、重い荷物を運ぶ際はカート・台車を使用しましょう。

 また肩掛けのカバンやバックを、いつも左右どちらか決まった側の手や肩を使っていると、重心が偏って膝関節の変形が進む原因になります。

 左右の重さが均等になるようにして両手で持ったり、ときどき持ち手を変えるように意識しましょう!!

 

 

Q.体重変動ありませんか?

➡ 膝痛が発症 ⇒ 膝痛が原因で歩かなくなり運動不足に ⇒ 運動不足により肥満が進む ⇒ 膝痛が悪化する  という悪循環に陥りがちです。

生活の工夫とともに急激な体重増加がないように食生活もバランスよく💨💨

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

👩🏽‍⚕️ 歩き回るお仕事の方、身体の疲労のためにも時々座って休憩しながらにしましょう😵

👩🏽‍⚕️ お友達と紅葉を見に行く方、ベンチに座って団子やお茶も楽しみながら😋🎵

👩🏽‍⚕️ スポーツされる方、運動前後のストレッチや自宅での膝に負担のかからない筋トレ方法が大事です👍🏽

 

激しい痛みがある場合は安静状態を保つのが原則ですが、あまりに膝を大事にしすぎると膝は弱くなる一方です。ご自身のお膝と相談しながら、お痛みが出る前に休めてあげて身体を動かすようにしましょう。

 

0120-013-712

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. お膝にあったサポーターの選び方と正しい使い方をご紹介😊✨

  2. 雨の日のお膝

  3. お膝周りのマッサージについて。

  4. ひざ痛チャンネルご存知ですか!??(^^)/

  5. おひざの負担になる動作はどういうものがある?

  6. 中畑院長もPRP-FDを注入されました!

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA


お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)