膝に水が溜まるのはSOSのサイン⁉

 

みなさま、こんにちは。11月も後半になりすっかり寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

突然ですが!

今まで、整形外科などで「膝に水が溜まっていますね。」なんて言われたことはないでしょうか?

今日はそんなお膝に溜まる水についてお話したいと思います。

関節痛のイラスト(ひざ)

実は膝には関節液と呼ばれる常に水が存在してます。

膝をスムーズに動かしてくれる潤滑油の役割をしてくれているので

その水自体が悪いものではないのです‼

意外ですよね??😐

ですが、それが増えすぎてしまって痛みが出ている状態は

膝がSOSのサインを発しております😥

 

考えられる原因はいくつかありますが、

そのうちの一つに、変形性膝関節症があります!

加齢や何らかの外傷により、軟骨・半月板がすり減り、

骨同士がぶつかり合うことで炎症が起きます。

そして炎症によって水が溜まってきてしまうのです😥

 

治療法としては一般的には「水を抜く」というのが

整形外科で行わることです。

しかし、水を抜いただけでは、炎症は治まりませんので

その炎症を抑えない限りは、再び水が溜まりやすくなってしまいます。

ではどのようにして炎症を抑え、水が溜まりにくくするのかというと

当院で行っている再生医療です‼

それがPRP-FD治療培養幹細胞治療なのです!!

どちらの治療にも炎症を抑えてくれる成分がありますので、

膝治療には効果的となります😉

この治療は入院の必要がなく日帰りで行って頂けます。

また、完全予約制なので待ち時間もほぼありません😊

 

お仕事などでお忙しい方でも、

ご来院のタイミングを選んで治療いただけます✨

 

まずはご自身のお膝の状態を確認し、

当院の治療方法を知っていただき

治療の選択肢を増やすことが大切ですので

お気軽に当院へご相談くださいませ。

ご予約は下記ホームページより行って頂けます。

↓↓↓

https://www.knee.or.jp/ad/form/firstvisit/

 

皆様のご来院、スタッフ一同心よりお待ちしております😚

関連記事

  1. 整形外科医が教える膝の再生治療

  2. 寒さでお膝のお痛み増してませんか??😥

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA


お気軽にお問い合わせください

ひざの痛み専門
無料でんわ相談

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休/完全予約制)