お膝にあったサポーターの選び方と正しい使い方をご紹介?✨

皆様、いつも京都ひざ関節症クリニックをご愛好いただきありがとうございます?✨

京都では、1月も過ぎると朝晩の冷え込みが一段と増し、周りの山々が雪化粧をするほど❄️☃️❄️

皆様の体調やお膝の状態はいかがでしょうか?防寒対策をしてお体もお膝も温めてお過ごしくださいね?

 

変形性膝関節症の患者様には、お膝のお痛みへの治療のほかに、お膝に負担がかかりにくい生活を意識していただくことがとても大切になってきます✨

◎運動療法(リハビリ)  

◎お膝に負担がかかりにくい体の使い方を意識すること etc…

再生医療の治療のほかにも、当院では様々な方面からサポートをさせていただいております✨✨

本日は、その中でもお膝にあったサポーターの選び方と使い方をご紹介いたします❗❗❗

 

サポーターにはお膝周囲を保護してくれる役割があり、効果としては

①お膝を温める 

②お膝の負担を軽減してくれる

といったメリットがあります。

 

一方で、ずっとつけ続けるとサポーターに頼るため筋力が低下してしまったり、サポーターの圧迫によって皮膚トラブルを起こしてしまう可能性もあります???

?お膝にあったサイズのものを選ぶ

?使うシーンや求めているサポート力(膝全体を保護したい、ランニングの時に使いたい、お皿周囲が不安など)

 に応じて選ぶ

?外出時や階段の上り下りなどお膝をよく使う時にのみ使用し、

 家で過ごす時などには外して過度な筋力低下を防ぐ

ことが重要です??

 

こういったこともご来院の際にお伺いいただけますので、お一人で悩まずに一度ご相談くださいませ?

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 「寒いと膝が痛くなる」のはなぜ?

  2. 再生治療ができる「膝靭帯損傷」とは?

  3. 冷えと膝の痛み

  4. ☆大腿周径のお話です☆ ~太ももの筋肉とお膝の関係性~

  5. ご来院の皆様よりいただいたQ&A?

  6. ??筋肉痛が出た後の対応について??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制