☆大腿周径のお話です☆ ~太ももの筋肉とお膝の関係性~

 

皆さまこんにちは?

新緑したたる好季節の到来です!最近は頬をなでる風も一段と心地よく感じられます^^??

 

今回は太ももの筋肉の測定!大腿周径についてお話させて頂きます!

大腿周径は太ももの太さを測り比べる方法で、片方の筋肉だけ痩せていないか、腫れていないかなどを確認することができます。

 

太ももの太さが左右で1㎝異なると、、、なんと筋力が2割も落ちている状態と言われています!??

太ももの太さが左右で2㎝異なると、、、筋力が半分も落ちてしまっている!という状態になります?

大腿周径が異なると、痛みが出ているお膝がどちらか、かばっている方はどちらかを知ることもできるのです!

こういった内容も踏まえて当院では診察させて頂き、正しいストレッチや筋力トレーニングの指導も行わせて頂いております^^

 

実は測定する位置にもそれぞれ意味がございます!!

【5cm上方:内側広筋の萎縮】

お皿の安定に必要な筋肉です!

【10cm上方:外側広筋の萎縮】

膝関節の伸展動作に加え、

つま先を内側に捻るといった動作に大きく関与しています!

【15cm上方大腿四頭筋全体の萎縮】

大腿四頭筋全体を鍛える事で、膝を持ち上げ上に引っ張ってくれる力が備わるため、自然のサポーターの役割にもなります!!

 

左右差をしっかり見極めることや筋力が落ちている部位を知ることでより効果的なトレーニングにも繋がりますので、是非皆様も一度太ももの太さを調べてみてください^^!!

ご不明点や質問がございましたらいつでもお問合せ下さい☺️☺️

☎?フリーコール 電話番号:0120-013-136

 

 

関連記事

  1. 太ももの太さ

  2. リハビリレクチャー会開催のお知らせ?‍♀️?

  3. 治療別!~患者様の体験談まとめ~

  4. リハビリの重要性

  5. ひざ関節症クリニックについて

  6. 春間近です?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お気軽にお問い合わせください

0120-013-712

電話受付時間 9:00〜18:00(年中無休)完全予約制